001

適した転職のタイミングとは

転職者は、現在は昔と比べると多くの方が転職したり、転職活動を行っていたりと、転職という行動はより身近なものになりつつあります。 転職は今後の生活、人生が大きく変わります。転職することが身近であっても転職するという事には悩まれる方もいらっしゃるでしょう。

どんな人でも転職の際にはこの時期でいいのか、悩みながら転職活動をしていると思います。さて、転職のタイミングはいつが最も良いのかとういうことは一概にいつということは言えません。 転職希望者の状況や企業側の状況によって変わってくるためです。 分野や職種、その社員のレベルによっても異なりますし、またその年の社会情勢、経済状況にも転職市場は左右されるのです。 1年の時期的なものに関しても、人事異動が行われる春や秋が転職市場も活発化し求人も多くなる傾向でしたが、このごろは通年採用が増えているためあまり変化はないようです。

新卒で入社し、望んでいた仕事と異なるために短い期間で退職し転職をしようとする社員もいますが、今の会社で本当に希望の仕事が出来ないのかじっくり考える必要があるでしょう。 短期間での転職は企業人事の評価は良くありません。管理職の人は、昇進してからしっかり実績を積まないと転職市場での評価が上がりません。 そもそも転職をしようと思い立ったとき、または将来的に転職をしようと思っている人は、この転職が自分にとって最も良い選択肢なのかを考えておきましょう。

転職をしない方がキャリアアップになったり、年収が上がることもあります。 転職することが必ずしもキャリアアップや年収アップが約束されているわけではないのです。 今の自分自身の実力と将来的に希望する姿を整理し理解することで、今の自分がやらないといけないことが見えてくると思います。 その上で転職が最も良いと結論付けたのであれば求人の見方も変わってきます。 そのときが転職すべきベストなタイミングなのではないでしょうか。

img